社長メッセージmessage

お客様も社員も、
私の愛する「家族」です。

お客様と社員に支えられ
本日の田形青果はあります。
お客様も社員も家族と思い
共に支えあえる存在であるよう
努力してまいります。

お客様が会社を育ててくれた。
だから社員を育てさせて頂ける。
皆様に支えられていることで
会社の大黒柱として
頑張れている自分がいます。

代表取締役社長 田形 文秀
2002年代表取締役社長就任

青果物卸業を行っていた田形青果を、カット野菜卸業として立ち上げた手腕社長。
少し口は悪いけれど、優しさと人情は人一倍。どんな時でも前向きなパワーで、田形青果を引っ張っています。

社長の信条は?
私は「商い」が好きです。
私達は「商売」を「あきない」と言いますが、
それは「商売」が面白くて仕方がないから。
これからも、日々「商売」を楽しみ、笑顔あふれる「笑売」で、
会社もお客様も飽きない仕事をする。
これが私の信条です。
お客様へ伝えたいことは?
当社はお客様に支えられ成長することができました。
お客様には「感謝」の言葉しかありません。
これからも、お客様を「家族」と思い、仕事に取組むことで、
今以上に「田形に頼んで良かった」と感じで頂ける、
柔軟なサービスを提供させて頂きます。

経営理念philosophy

<社是>
感謝と奉仕

私たちは自然の恵みに感謝し、
資源の大切さ、無駄のない
「食」の文化を伝え、
社会に貢献いたします。

田形青果では、お客様に様々な形で「野菜」を提供することを生業としております。ひとえに「野菜」といっても、種類はもちろんのこと、栽培方法や価格による野菜の選定、その野菜のカット方法等、商品は様々です。
お客様の多様なニーズを的確に捉え、商品のご提案をすると共に、安定した仕入れの確保、品質管理の徹底を図り、お客様との信頼関係を一番に、「野菜」を通じてご奉仕させていただきます。

会社概要outline

社名 田形青果株式会社
創立 昭和29年8月創業
本社 静岡県静岡市駿河区大和一丁目5-32
工場 用宗工場:静岡市駿河区用宗小石町2-33
青木工場:静岡市駿河区青木329-1
第2工場:静岡市駿河区用宗1-18-28
第3工場:静岡市駿河区用宗1-17-7
資本金 2,000万円
代表者 代表取締役社長 田形 文秀
事業内容 青果物卸業、青果物加工(カット野菜)卸業
取引銀行 しずおか焼津信用金庫 長田南支店
静岡銀行 本店
日本政策金融公庫
主要仕入先 東京青果(株)、名古屋青果(株)、静岡中央卸売市場、輸入商社、全農、経済連 他

会社沿革history

1952年(昭和29年) 静岡市若松町に、青果物卸業・小売業を行う田形商店を創業
1965年(昭和65年) 玉葱の皮剥きなど、青果物の下処理を主とした、青果物加工卸業の開始
青果物小売業を廃止。
1980年(昭和55年) 本社を静岡市駿河区大和に移設
社名を「田形青果」と改称
カット野菜加工を開始
1989年(平成元年) 株式会社に改組、社名を「田形青果株式会社」に改称
代表取締役に田形春雄 就任
1995年(平成7年) 静岡市駿河区用宗小石町に用宗工場を開設
2002年(平成14年) 会長に田形春雄 就任
代表取締役社長に田形文秀 就任
2004年(平成16年) 静岡市駿河区青木に青木工場を開設
2005年(平成17年) 静岡市駿河区用宗に第2工場を開設
2013年(平成25年) 静岡市駿河区用宗に第3工場を開設